どんな場合に不動産コンサルティングを活用したらよいかを例示してみました。

土地所有者が自前で土地を有効活用した場合

資産を売却せず保有したままで有効活用したいお客様にはその保有土地等の有効活用の具体的プランを作成提供します。

   活用方法(事務所ビルか、貸店舗か、賃貸住宅かなど)アドバイス

   設計書、建築業者、管理業者の選択に関するアドバイス

   事業資金の調達に関するアドバイス

   事業収支、テナント等に関するアドバイス

   貸しビルの経営、管理に関するアドバイス



土地所有者がデベロッパ−と、
共同で土地を有効活用したい場合

コンサルティングを行いながら、土地所有者の方と共同事業という形で有効活用を進めます。

   事業方式(等価交換、事業受託、土地信託など)の選択に関するアドバイス

   事業採算、資金調達方式など事業実施に関するアドバイス



土地所有者が相続対策・相続税対策や資産運用上、
不動産の処分、取得をしたい場合

処分希望と取得希望の双方に時期や方法等を具体的にご提案いたします

   資産価格の判定、処分方法、処分時期に関するアドバイス

   相続時における資産売却に関するアドバイス

   不動産の購入に関するアドバイス



不動産の賃貸借やその他不動産に係わる問題について
アドバイスが欲しい場合

不動産に関係ある案件について、依頼者の立場にたったプランのチェック、その他のアドバイスを行います

   収益・テナントポリシ-に関するアドバイス

   賃貸用ビルの経営・管理に関するアドバイス

   不動産の賃貸借に関する賃料設定、契約、経営管理のアドバイス